MVNOとSIMフリーの関係

なぜMVNO回線の料金は安いのか?

MVNO(携帯電話回線の再販事業者)は主にdocomoから回線の帯域を借り受け、自社の料金体系を設定して販売しています。その際データ専用に特化することと、ごく一部のヘビーユーザーを実質的に排除することにより、多くの一般ユーザーに低料金で回線を提供することが可能です。また、見えない端末コストを含んでいないため、2年契約しばりをする必要がなく、1ヶ月からでも安く提供できる理由となっています。

最近、音声通話機能付きのMVNO SIMも販売が開始されましたので、使い方が拡がっています。

主な格安SIM(MVNO SIM)のデータ通信回線比較

格安SIMと呼ばれるMVNO SIMは、最近各社多様なプランで提供されており、ユーザーにとっては自分の使い方に合ったSIMを手に入れることができるようになってきました。以下は一部のSIMのプランです。

このように、多様な反面どう選んだらいいのかわからないという弊害も出てきました。

SIMフリー携帯・スマートフォンの安心できる買い方

SIMフリースマートフォンには、データ利用のためのネットワーク設定が必要です。Web上に多くの情報が載っており、知っていればそれほど難しいものではないのですが、万一接続がうまくいかなかった場合でも自己責任であるため、初心者には敷居が高いと思われます。

「Wasabee」ではネットワーク設定を実施し、使える形でお渡しする「SIMフリー・デビューパック」をご用意しております。ネットワークや言語の知識は不要で、国内利用可能なSIMの場合、接続保証も行いますので、安心してお求めいただけます。

まずはお気軽にWasabeeにご相談ください。